HOME
ガレリア・グラフィカbisについて
展覧会のお知らせ
お問い合わせ
リンク
サイトマップ
English

吉田紀子展Vol. 4 -宴- ゲストTakiguchi (平面)

2020年4/27(月)~5/2(土)*29日 祭日開廊
11:00-19:00(最終日17:00まで)


吉田紀子
今までに見てきた名建築の抽象化という行為の元、建築のコンセプトを私なりの解釈で 絵画に置き換えたり、
見て来た印象を絵画に表現しています。
今回の作品は「チキンハウスの屋根」
このチキンハウスは私の自邸の別称です。
名建築ではありませんが、55年を経ても尚 木構造の上に屋根材の折版が軽やかに載る堅牢な姿はいとおしく思います。
私、長く建築に携わって来ました。
2014年・「角を曲がって」の個展を皮切りに絵画の道を歩いております。



「チキンハウスの屋根」 2020年 水彩用紙に水彩、鉛筆 570×570mm


Takiguchi 「Collection」
制作について
AIやロボティクス、ICTやIoTといった科学技術・情報分野の急速な発展によって、人と人との繋がり、コミュニティ、豊かさ、ジェンダー、生活様式に至るあらゆる価値観を始め、私たちを取り巻く環境は望むか否かに関係なく大きな変化が起きています。Takiguchiは、このめまぐるしく変化する社会で、溢れる情報にさらされながら、時に立ち止まってその景色を確かめ、現在地を確認し、改めて人間の本質を見つめ、来たるべき明るい未来の姿を想像しています。私たちが日々生きる中で収集した情報や景色やイメージを再構成し、絵画やドローイング作品として表現しました。収集というキーワードをもとに展覧会作品のテーマを「Collection」としました。

Takiguchiとは
Takiguchiとは2010年に瀧将仁と溝口昇で結成されたアートユニットである。人物・記号・文字あるいは記憶の断片といったモチーフを平面上で再構成することによって、AIから格差社会、愛や生と死など幅広い問題を、シニカルでポップなイメージとして表出させることを試みる。当初、Takiguchiは一枚の平面作品を2人で制作することをコンセプトの中心に置いていたが、現在はそれぞれTakiguchiとして自由に表現し、アートユニットTakiguchiの作品を発表している。



“NEXT” 2019年 パネルに紙、アクリル、鉛筆 605×500mm


吉田紀子画歴
[略歴]  
1941年 大阪市生まれ
1963年 早稲田大学建築学科卒業
1965年 同大学院修了
1963年~67年  今井兼次研究室に在籍
1968年~ 吉田建築設計室開設
2005年 千葉県〈優秀建築賞〉受賞
   
[展覧会]
2012年 第38回i.m.a展 東京都美術館(東京)
  「日本の秋展」ルーファンス・ギャラリー(カナダ)
2014年 第81回神奈川県展〈TVK賞〉受賞 横浜市民ギャラリーあざみ野 (横浜)
  個展 vol .1「角を曲がって」 ギャラリー砂翁(東京)
2015年 「建築東京11」“心像建築6景”に掲載
2016年 「建築東京5」“心像建築6景”に掲載
  個展 vol .2「響き」 ガレリア・グラフィカbis(東京)
  個展「奏・記憶の空間」 ギャラリーてん(東京)
2017年 個展vol .3 「翔」 ガレリア・グラフィカbis(東京)
  「Small works 2017」 ガレリア・グラフィカ(東京)
2018年 「Small works 2018」 ガレリア・グラフィカ(東京)
Takiguchi
[略歴]  
2009年 瀧将仁と溝口昇により「Takiguchi」結成。
   
[展示・受賞歴]
2017年 Takiguchi個展「Legacy」Gallery TEN(東京)
2015年 シブヤのタマゴ Takiguchi個展「Premium」 渋谷区総合庁舎(東京)
2013年 Takiguchi個展「ROYAL BLEND」 KIDO Press,Inc.(東京)
2012年 ART AWARD NEXT 2012 Vol.2 〈山下裕二賞〉東美アートフォーラム(東京)
2011年 Takiguchi個展「RAINBOW」 新宿眼科画廊(東京)
  Takiguchi個展「クリスタル -S-」 CCC静岡市クリエーター支援センター(静岡)
  Takiguchi個展「クリスタル」 トーキョーワンダーサイト本郷(東京)
2010年 Takiguchi個展「LOVERS」 新宿眼科画廊(東京)
  トーキョーワンダーウォール公募2010入選作品展〈審査員長賞〉 東京都現代美術館(東京)
   
瀧 将仁  TAKI Masahito
1978年 静岡県静岡市(旧清水市)に生まれる。
2005年 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了
   
溝口 昇  Noboru MIZOGUCHI
1975年 静岡県静岡市(旧清水市)に生まれる。
2006年 桑沢デザイン研究所基礎造形専攻修了